Fabulous univers of Lucy Folk

TO SEE ALL THE PICTURES, PLEASE CLICK ON THE BELOW LINK.

https://spur.hpplus.jp/fashion/minakonorimatsu/201807/26/IndgNAA/

lucy.jpg

 

私がルーシー・フォーク(Lucy Folk)と言うブランドを知ったのは、イタリア・アマルフィ海岸、ポジターノにて。この地のランドマークであるホテル、ル・シレヌーズ(2016年9月2日の投稿でも紹介)併設ショップで見かけた、サングラスがきっかけでした。2色使いでスカラップ模様を効かせたフレームはポップなデザインで、これまで見たことのないタイプ。その時点ではオーストラリアのアイウエアと言う認識で、私はウィッシュリストにその名を記したのでした。

それから2年経ったこの夏、友人の誘いでたまたま行ったのが、他でもないルーシー宅。1年ほどの予定でパリに移った彼女が、素敵な新居で新作プレゼンテーション・パーティをしていたのです。アパルトマン元来の姿を示唆する19世紀スタイルの装飾と共存するのは、彼女自身が選んだヴィンテージの家具やオリジナルのディスプレイ用スタンドなど。これらを背景に披露されたのはアイウェアだけでなくハンドバッグとジュエリー、そしてウェアのラインでした。全てがクラフツマンシップを生かした、手作り。
ここで初めてルーシーに会うと、すっかり意気投合。聞くところによると、彼女はメルボルンでジュエリー作りを習び、2007年にジュエリー・ブランドをスタートしたとか。両親が大手のカフェや自然食品の栽培から販売までを営んでいるせいか、ファッションだけでなく食からインテリアまで、全てにこだわるルーシー。地元の旗艦店とカスタム・サービスのサロン、そしてシドニーのコンセプトストアは、オーストラリアではライフスタイル・ショップとして親しまれているそうです

彼女の最新作は、ロンドンのアーティスト、ルーク・エドワード・ホール (Luke Edward Hall)とのコラボによる、ジュエリー・コレクション。ギリシャ神話を思わせる肖像画やモチーフを刻んだゴールドのジュエリーは、まさにバカンス必須アイテムです。

Source: https://spur.hpplus.jp/fashion/minakonorim...